注目キーワード
  1. the thor
  2. WordPress
  3. Google
  4. プラグイン
WordPressブログの始め方講座〜初心者も画像でわかる5つの手順で解説をします〜

WordPressブログの始め方講座〜初心者も画像でわかる5つの手順で解説をします〜

こんにちは、テンテンです。

 

悩んでいる人

WordPressでブログで始めたいんだけど…初心者の人でも簡単に始めることはできますか?

サーバーとかドメインとかなんとなく程度でしか聞いたことないんだけど…

 

こちらの記事では、これからWordPressでブログを始めたい初心者の方向けに、画像でシンプルにわかりやすく解説させていただきます。

 

所々、専門用語が出てきますが、まずは深く考えずに手順通り進めていきましょう。

 

Tenten
WordPressでブログを運営していれば、嫌でも専門用語にぶつかることはあるし、その都度、調べれば自ずと知識は付いてくるので、まずはWordPressでブログを立ち上げることに専念しましょう。

 

今回の作業時間:60分〜120分ほど

 

それでは、早速WordPressでブログの立ち上げをしましょう。
目次

WordPressブログの始め方を全体像で理解しよう

 

よりスピーディーかつ正確にWordPressでブログを立ち上げる為にも、まずは今回行う作業の全体像を理解しておきましょう。

 

Tenten

僕自身もそうでしたが、WordPressでブログを立ち上げるとなると、はじめはわからないことだらけです。

とりあえず、全体像を簡単に理解しておくだけでも作業効率が上がりますので、簡単に把握しておきましょう。

 

WordPressブログの始め方の全体イメージとは!?


簡単に、WordPressでブログを始める為の全体像を図で作成したので、まずはご覧ください。

WordPressブログの始め方3ステップ

 

WordPressでブログを立ち上げる際にやることは主に3つあります。

 

サーバー(土地)を借りる

ドメイン(住所)を決める

ブログ(家)を建てる

 

なんとなく全体像を把握したところで、次に進んでいきましょう。

 

WordPressでブログを作る為の具体的な作業内容は5つ

 

ここでは、WordPressでブログを始める為に行う具体的な作業の一覧と作業時間をまとめておきます。

 

①サーバーを契約する(作業時間:10分〜15分ほど)

②独自ドメインを取得する(作業時間:5分〜10分ほど)

③サーバーとドメインを紐づける(作業時間:10分〜15分ほど)

④WordPressをサーバーにインストールする(作業時間:5分ほど)

⑤WordPressでブログを始める為の準備(作業時間:30分〜1時間)

 

WordPress始め方の手順①:サーバーを契約する

WordPress始め方の手順①:サーバーを契約する

まずは、サーバーから申込みをしていきましょう。

 

ブログ初心者の方にもオススメなのが、『エックスサーバーです。有名ブロガーから初心者ブロガーまで幅広く愛用しているサーバーです。

 

Tenten
複数サーバーを使ってきた僕自身も最終的にはエックスサーバーを使っています。

 

エックスサーバーがオススメな理由

エックスサーバー Webサイトのスクショ

 

エックスサーバーをオススメしている理由は大きく3つあります。

 

国内シェアNO.1かつサーバー速度もトップクラス

②困った問題が起きても、利用者数が多いので解決策が調べやすい。さらに、電話サポート付き

③ブログが育ち、大量にアクセスが増えてもサーバーの安定性が高い

 

ここからは、エックスサーバーの申込み方法について解説をしていきますので、下のリンクからエックスサーバーを開きながら読み進みていきましょう。

 

▶️額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』にアクセス
 

【キャンペーン情報】2020年4月30日までにエックスサーバーに申込みでドメイン無料プレゼント

エックスサーバーキャンペーンのスクショ

 

現在、エックスサーバーでは、2019年12月13日〜2020年4月30日18時までドメインが0円で取得することができるキャンペーンを行っています。

 

Tenten

一般的には、お名前.comでドメインを取得しますが、無料でドメインプレゼントはかなりお得です!

ちなみに、当ブログではドメイン取得時に1,382円ほどかかっています。

なるべくコストを安くブログを立ち上げたい方は、使わない手はないです。

 

なので、しっかりこのキャンペーンは利用していきましょう!

 

STEP① エックスサーバーの申込み方法について〜画像で解説をします〜

 

ここからは、エックスサーバーの申込み方法について解説をします。わかりやすいように画像付きで解説をしていきますので、手順通りに進めていきましょう。

 

作業時間:10分〜15分ほど

 

エックスサーバーのトップページにアクセスをします。

エックスサーバー Webサイトのスクショ

 

②「お申し込み」→「サーバーお申し込みフォーム」に進みます。

エックスサーバー申込みのスクショ

 

③「新規申込み」に進みます。

エックスサーバー新規申込みのスクショ

 

④「サーバーID」と「プラン」を選択し、個人情報を入力します。

エックスサーバー契約内容のスクショ

【エックスサーバー契約内容の入力項目】

サーバーID(初期ドメイン):ブログのURLとは違うので、ここは適当な半角英数字を入力でOK

プラン:X10
※X20やX30などのプランもありますが、ここは気にしなくて良いです。

 

次に、個人情報を入力していきます。

エックスサーバー登録情報のスクショ

 

エックスサーバー申込み内容確認のスクショ

 

必須になっている箇所は、すべて入力しましょう。

 

最後に、利用規約にチェックを入れて、「お申込内容みの確認へ進む」に進みます。

 

⑤入力内容を確認して「SMS・電話認証へ進む」に進みます。

エックスサーバー入力内容確認のスクショ

エックスサーバーSMS・電話認証へ進むのスクショ

 

必ず登録情報に誤りがないか確認をしてください。

 

⑥SMS・電話番号認証をします。

エックスサーバー電話番号認証のスクショ

 

電話番号を入力します。現在、スマホで使用している電話番号の入力でOKです。

 

「テキストメッセージで取得 (SMS)」or「自動音声通話で取得」のどちらかを選択をして認証しましょう。

 

スピーディーな認証方法でオススメなのは、「テキストメッセージで取得 (SMS)」です。

 

⑦5桁のコードを入力して、「認証して申し込みを完了する」に進みます。

エックスサーバー認証コード入力のスクショ

 

SMS認証の場合、スマホに5桁の認証コードが送られてきますので入力をしましょう。


電話番号音声認証の場合は、5桁の認証コードが自動音声で伝えられますので、その番号を入力します。

 

⑧申込み完了画面の確認をしましょう

エックスサーバー 申込完了画面のスクショ

 

申込みが完了すると、上記画像のように「サーバーアカウントのお申し込みは以上で完了です。」という画面に切り替わりますので、しっかり確認をしておきましょう。

 

同時に、登録したメールアドレスにエックサーバーからメールが送られてきます。

エックスサーバーから送られてくるメールのスクショ

 

こういった大事なメールは、しっかり保管しておきましょう。

 

これで、エックスサーバー の仮申込みは完了です。

 

まだ、仮申込みの段階で、料金の支払いを忘れるとまた0からやり直す必要があります。

次のステップでサーバーの支払いについて解説をしますので、まずはそこまで進めていきましょう。

 

STEP② エックスサーバーの支払い手順

 

次に、エックスサーバーの支払いをする必要があります。※まだ、仮申込み中です。

 

Tenten

ここからは、エックスサーバーの支払いについて解説をしますので、後、もう少しだけ頑張って進めていきましょう。

 

エックスサーバーのホーム画面に戻り、「ログイン」→「Xserverアカウント(旧インフォパネル)」に進みます。

エックスサーバーログインのスクショ

 

②「XserverアカウントID(会員ID)またはメールアドレス」と「Xserverアカウントパスワード」を入力してログインを行います。

エックスサーバーログインのスクショ

 

ここで、先ほどエックスサーバーから送られてきたメールを再度、開きましょう。スクロールしていくと、「Xserverアカウントログイン情報」があります。

 

エックスサーバーログインパスの確認方法のスクショ

 

まずは、エックスサーバーから送られてきたメールの情報を元にログインを行ってください。

 

③「料金の支払い/請求書発行」に進みます。

エックスサーバー料金支払いのスクショ

 

ログインが完了すると、上記画像の画面に切り替わるので、料金の支払いに進みましょう。

 

④チェックを入れて、「更新期間」を選択して「お支払い方法を選択する」に進みます。

エックスサーバー更新期間選択のスクショ

 

まずは更新期間を選択しましょう!


基本的に、更新期間が長ければ長いほど料金が安くなる仕組みです。


緑枠で囲っている箇所で利用料金を確認することができます。

 

【エックスサーバー X10の利用料金の一覧と初期費用について】


更新期間を悩んでいる方向けに、X10の利用料金一覧と初期費用について解説を入れておきます。

 

まずは、下記画像がエックスサーバーX10の料金一覧です。

エックスサーバーX10の料金一覧のスクショ

 

【エックスサーバーX10の利用料金と初期費用】

・初期費用3,000円(税抜き)+利用料金(契約期間による)

 

Tenten

基本的には、12ヶ月ブランで契約がオススメです。

ただ、どうしても初期コストを抑えたい場合は、6ヶ月プランとかはいかがでしょうか?ちょうど1万円くらいから始めることができるので。

 

⑤決済をします

エックスサーバー決済画面のスクショ

 

クレジットカード、銀行振込み、コンビニ払い、ペイジーのいずれかで決済することができるので、好きな決済方法を選択しましょう。

 

下記画像は、クレジット決済をする場合の入力情報です。

エックスサーバークレカ決済のスクショ

 

すべて入力を追えたら、「カードでのお支払い(情報)」に進みます。これで決済まで完了です。

 

Tenten

お疲れ様でした!これで、サーバーの契約は以上となります。

次は、独自ドメイン取得のステップに移っていきます。

ちょうキリが良いので、少し休憩しましょう。

 

WordPress始め方の手順②:独自ドメインを取得する

WordPress始め方の手順②:独自ドメインを取得する
次に、独自ドメインの取得をしていきます。すでに、サーバー(土地)は借りることができたので、次に独自ドメイン(住所)を決める必要があります。

 

作業時間:約5分〜10分ほど

 

Tenten

ドメインがわからない方の為に、具体的にどの部分か解説を入れておきますね!

ドメインとは、WebサイトのURLを指します。『俺のブログ運営』では、tenten-blog.comがドメインにあたります。

 

今回、独自ドメインを取得する先は、GMOインターネット(株)が運営するお名前.comです。大手の企業が運営しており、ドメイン業者の中でも最も人気があります。

 

Tenten

『俺のブログ運営』のドメインもお名前.comで取得しています。

有名ブロガーから初心者ブロガーなど、ほとんどが、ここでドメインを取得していると言っても過言ではないくらい人気があります。

 

STEP① ドメインを決める

 

まずは、ドメイン(ブログのURL)を決めましょう!

 

(参考)

『俺のブログ運営』では…

tenten-blog.com

 

ドメインを決めたら、そのドメインが使えるかお名前.comで調べます。なぜならば、すでに存在するドメインは使えないからです。

 

では、ドメインを決めたら、そのドメインが使えるか調べてみましょう。

 

お名前.comにアクセスをします。

お名前.comのトップページのスクショ

 

②ドメイン(ブログのURLにしたい好きな文字列)を入力し、ドメインの種類を選択して、「検索」をします。

ドメイン検索方法のスクショ

 

ここでは、当ブログがすでに使用している『tenten-blog.com』で検証してみます。

 

上記、画像のようにドメイン(ブログサイトのURL)を入力して、ドメインの種類を選択をして検索をかけます。

 

検索をかけると、下記画像のように画面が切り替わります。

 

使用できるドメインと使用できないドメインの見極め方のスクショ

 

メールマーク(青枠で囲っている箇所)が付いているドメインはすでに使用者がいる

ボックスにチェック(赤枠で囲っている箇所)を入れらるドメインは使用可能

 

一緒に料金も表示されていますので、好きなドメインを選択しましょう!

 

ドメインの種類と選択について


僕自身もブログを立ち上げた当初、ドメインの種類がたくさんあってどれを選択するべきか悩みました。


結論からお伝えすると、ドメインの種類はなんでも良いです。SEO対策に直接関係があるのかと疑問がでるところではありますが、基本的にドメインの種類は検索順位には関係がないようです。


王道なところで言うと、「.com」、「.jp」、「.net」が多いです。

 

「.com」:商業組織用のドメイン
「.net」:ネットワーク用のドメイン
「.jp」:日本に住んでいれば誰でも取得できる凡用ドメイン

 

ドメインの種類によって意味がありますが、正直、気にする必要はありません。

 

Tenten
ドメインの種類は、「.com」、「.jp」、「.net」から選択しておけば間違えないですよ。

 

STEP② ドメインを申し込む

 

次にドメインの申込みをしていきます。

 

お名前.com』へアクセスする


①ドメインの種類にチェックを入れて、「お申し込みへ進む」に進みます。

お名前.comドメイン申込みのスクショ

 

今回は、「.net」にチェックを入れていますが、自分が好きなドメインの種類を選択しましょう!

 

②「登録年数」、「メールアドレス」、「パスワード」を入力して、「次へ」に進みます。

お名前.com申込み方法のスクショ

 

(1)登録年数/プラン/オプション:1年登録を選択

(2)メールアドレスを入力

(3)パスワードを入力

 

Whois情報公開代行メール転送オプションとドメインプロテクションにはチェックを入れる必要はありません。

 

③「会員情報」をすべて入力して、「次へ進む」に進みます。

お名前.com会員情報の入力のスクショ

 

④お支払い方法を選択して、「申し込む」に進みます。

お名前.com支払い方法選択のスクショ

 

(1)クレジット決済

(2)コンビニ払い

(3)銀行振込み

 

クレジット決済が最も手間がかからないのでオススメです。また、コンビニ払いだと手数料が別途かかります。

 

情報を入力したら、「申込む」に進みます。

 

すると、下記画像のように、「一緒にサーバーを申込みませんか?」と画面が変わりますが、「申し込まない」を選択しましょう。

お名前.comのサーバーは申し込まない

 

申込みが完了すると、下記画像のように「お申し込みを受け付けました。」となれば完了です。

 

お名前.com登録完了のスクショ

 

申込みが完了すると、お名前.comから複数メールが送られてきます。

 

その中の一つの、『【重要】[お名前.com]ドメイン情報認証のお願い』という件名のメールを開きます。

 

お名前.comメール認証のスクショ

 

上記、画像の赤枠で囲っている長いURLが添付されていますので、このURLをクリックします。

 

お名前.com認証確認のスクショ

 

このようにメールアドレスの有効性が確認できたら、すべて完了です。

 

WordPress始め方の手順③:サーバーとドメインを紐付けする

WordPress始め方の手順③:サーバーとドメインを紐付けする

 

ここからは、先ほど申し込んだサーバーとドメインを紐付けしていきます。

 

①お名前.comでネームサーバー設定を行う

②エックスサーバーでドメインの設定を行う

 

Tenten
少し難しそうと思うかもしれませんが、画像の解説通り進んでいければ問題ないので安心して進めていきましょう。

 

作業時間:10分〜15分ほど

 

では、早速解説に進んでいきます。

 

STEP① お名前.comでネームサーバーの設定を行う

 

ステップ①としてお名前.comでネームサーバーの設定を行っていきます。

 

まずは、お名前.comにログインをしましょう。

 

お名前.comのログイン画面にアクセスをする』

お名前.comログイン画面のスクショ

 

「会員ID」「パスワード」を入力をして、「ログイン」に進みます。

 

お名前.comの会員IDの確認方法

先ほど、お名前.comで申し込んだ際にメールが送られてきたと思いますが、そちらのメールの本文に会員IDの記載があります。

お名前.com会員ID確認のスクショ

 

この会員IDを入力してログインをしましょう。

 

Tenten

ちなみに、エックスサーバーのメールやお名前.comのメールは大事なメールなのでしっかり保管しておくと良いですよ!

急に必要になることもあり、探すとなるとかなり大変なので…

 

①ログインをしたら、お名前.comのトップページにいきます。

お名前.comトップ画面のスクショ

 

②「ドメイン」→「初期設定」に進みます。

お名前.comドメイン初期設定のスクショ

 

③「ネームサーバーの選択」の中にある「その他」に進みます。

ネームサーバーの選択のスクショ

 

④「+」を2回クリックして、「ネームサーバー5」まで増やします。

ネームサーバー追加のスクショ

 

「ネームサーバー」を追加していくと、下記画像のようになります。

ネームサーバー1〜5のスクショ

 

⑤エックスサーバー指定のネームサーバーを入力します。

ネームサーバー入力のスクショ

 

エックスサーバー指定のネームサーバー確認方法

エックスサーバーを申し込んだ際に、届いた『【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ』のメール本文に記載があります。

エックスサーバーから届いたメールのスクショ

 

上記のメールをスクロールしていくと…「エックスサーバー指定のネームサーバー」があるので、これをコピペしていきます。

エックスサーバー指定のネームサーバーのスクショ

 

ネームサーバー1:ns1.xserver.jp
ネームサーバー2:ns2.xserver.jp
ネームサーバー3:ns3.xserver.jp
ネームサーバー4:ns4.xserver.jp
ネームサーバー5:ns5.xserver.jp

 

⑥エックスサーバー指定のネームサーバー入力後、「確認」→「OK」に進みます。

ネームサーバー後、確認のスクショ

 

エックスサーバー指定のネームサーバー入力後、まずは「確認」に進みます。その後、下記画像のように画面が切り替わりますので、「OK」に進みます。

エックスサーバー確認後、OKのスクショ

 

すべて完了すると、下記画像のように「完了しました」となります。

 

ネームサーバー登録完了のスクショ

これでネームサーバーの設定は完了です!

 

STEP② エックスサーバーでドメイン設定を行う

 

次に、エックスサーバー側でドメイン設定を行います。

 

Tenten
ここも画像の通り進めていただければ簡単に設定できますので、難しく考えずに設定を進めていきましょう。

 

①エックスサーバーの「サーバーパネル」にログインをします。

>>エックスサーバーのサーバーパネルにアクセスをする

エックスサーバーサーバーパネルログインのスクショ
「サーバーID」と「サーバーパネルパスワード」の確認方法

エックスサーバーを申し込んだ際に、送られてきたメールの本文に「サーバーID」と「サーバーパネルパスワード」の記載があります。

 

エックスサーバーから届いたメールのスクショ

 

スクロールしていくと…「『サーバーパネル』ログイン情報」がありますので、こちらをコピペをしてログインをしましょう。

 

エックスサーバーサーバーパネルのログイン情報のスクショ

 

②エックスサーバーのサーバーパネルにログインをしたら、「ドメイン設定」に進みます。

エックスサーバドメイン設定のスクショ

 

③ドメイン設定画面に移行しますので、「ドメイン設定追加」に進みます。

エックスサーバーのドメイン設定追加のスクショ

 

④「ドメイン名」を入力して、「確認画面へ進む」に進みます。

エックスサーバードメイン入力のスクショ

 

ドメイン名:お名前.comで取得した独自ドメイン

チェックの確認:①無料独自SSLを利用する(推奨)
        ②高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にする

 

基本的にデフォルトの状態で、無料独自SSLと高速化にはチェックが入っていますが、念の為、確認するようにしてくだださい。

 

すべて完了したら、「確認画面へ進む」に進みましょう。

 

⑤「追加する」に進みましょう。

エックスサーバードメイン追加するのスクショ

 

注意点

この際、 必ずドメイン名が正しく入力されているか確認をするようにしてください!

 

タイピングミスなどにより、誤ったドメイン名を入力してしまうと、下記画像のように、「ネームサーバーがエックスサーバー指定のものになっていません」とエラー表示がでてしまいます。

 

そういったことを防ぐ為にも、お名前.comからコピペする方が良いですよ。

ドメイン名が間違っている場合のスクショ

 

⑥「ドメイン設定の追加を完了しました。」となるので、確認をしておきましょう。

エックスサーバードメイン設定の追加完了のスクショ

 

これで、サーバーと独自ドメインの紐付けは完了しましたが、最後にもう一つ大事な作業があります。

 

Tenten
もう少しなので、キリが良いところまで進めていきましょう。

 

独自SSLの設定がされているか確認しよう

 

最後に、独自SSLの設定がされているか確認をしよう。

 

以前までは、独自SSLの設定をする必要があったのですが、ドメイン設定のところで、無料独自SSLを利用するにチェックを入れることで自動的に設定ができるようです。

※エックスサーバーのサポートに直接電話で確認済み

 

重要な設定の一つなので、念の為、独自SSLの設定ができているか確認をしておきましょう。

 

ちなみに、独自SSLってなんですか?
Tenten

簡単に解説をすると、サイトのセキュリティを向上させる技術の一つです。

詳しく解説をすると、若干複雑になってしまうので、ここでは、「サイトのセキュリティを向上させる為に行う作業の一つ」なんだと捉えてください。

 

では、早速独自SSLの設定ができているか確認をしましょう。

 

①エックスサーバーのサーバーパネルにログインを行い、「SSL設定」に進みます。

エックスサーバーSSL設定のスクショ

 

②先ほどお名前.comで申し込んだドメインを「選択する」に進みます。

エックスサーバードメイン選択画面のスクショ

 

②「独自SSL設定追加」に進みます。

エックスサーバー独自SSL設定追加のスクショ

 

③設定対象ドメインが、「すでに独自SSLが設定されています。」と確認できればOKです。

エックスサーバー独自SSL設定完了のスクショ

 

Tenten
お疲れ様でした!キリが良いところまできたので、疲れた方は少し休憩をしましょう。

 

WordPress始め方の手順④:WordPressをサーバーにインストールする

WordPress始め方の手順④:WordPressをサーバーにインストールする

 

ここまで、サーバー(土地)を契約して、ドメイン(住所)に申込みを行い、それを紐付けました。次からは、ブログ(家)を建てる準備をしていきます。

 

ここでは、WordPressをサーバーにインストールする方法について、画像で丁寧に解説をしていきます。

 

まずは、WordPressでブログを立ち上げることが優先なので、画像の順序通り進めていきましょう。

 

作業時間:5分ほど

 

エックスサーバーのサーバーパネルにログインを行い、「WordPress簡単インストール」に進みます。

WordPress簡単インストールのスクショ

 

②お名前.comで申し込んだドメイン名を「選択する」に進みます。

エックスサーバードメイン指定のスクショ

③「WordPressインストール」に進みます。

エックスサーバーWordPressインストールのスクショ

 

④各項目を入力して、「確認画面へ進む」に進みます。

ワードプレス簡単インストール情報のスクショ

 

【入力項目】

・サイトURL:空欄にしておく

・ブログ名:好きなブログ名を入力(※後から変更も可能なので、とりあえず適当でも良い)

・ユーザー名:ログインの時に使用するユーザー名

・パスワード:ログインの時に使用するパスワード

・メールアドレス:メールアドレス(※管理の為、ブログ用のメールアドレスを作成しておくと良い)

・キャッシュ自動削除:ONにする✅

・データベース:自動でデータベースを生成する✅

すべて入力を終えたら、「確認画面へ進む」に進みましょう。

 

⑤「インストールする」に進みます。

エックスサーバー、ワードプレスインストールする時のスクショ

 

⑥WordPressのインストール完了を確認後、「管理画面URL」をクリックします。

WordPressインストール完了のスクショ

 

WordPressのログインページにアクセスした時、『無効なURLです。プログラム設定の反映待ちである可能性があります。しばらく、時間をおいて再度アクセスをお試しください。』と表示される場合があります。

その場合、1時間〜2時間ほど待ってみて再度、アクセスしてみてください。

 

これでWordPressのインストールは完了ですが、最後にもう一つだけ作業をしておきましょう。

 

⑦管理画面をブックマークしておこう
※ブックマークの方法については、調べてみてください!ここでは、解説は致しません。

WordPress管理画面のスクショ

 

「管理画面URL」をクリックすると、WordPressのログイン画面に移行します。

 

WordPressにログインする度に、こちらのログインページは使用するので、必ずブックマークをしておくと良いです。

 

Tenten

よくあることなのですが、WordPressのログインページのURLがわからなくなり…

そうならない為に、WordPressのログインページは、必ずブックマークをしておくべきですよ

 

⑧WordPressにログインをしよう

WordPressログイン画面のスクショ

 

先ほどエックスサーバーで登録した「ユーザー名」と「パスワード」を入力してログインをクリックすればOKです。

 

ちなみに、下記画像の画面です。

ユーザー名とパスワード確認のスクショ

 

ちなみに、「ログイン状態を保存する」にチェックを入れておけば、次回からログイン状態となります。

 

WordPressログイン後は、下記画像の画面となります。

 

WordPress管理画面のスクショ

 

これで、WordPressのインストールは完了です。

 

Tenten

お疲れ様でした!

長い道のりでしたが、WordPressのインストールまで完了しましたね。

ここからは、WordPressでブログを始める為の準備に移っていきますので、疲れた方は少し休憩してください。

 

WordPress始め方の手順⑤:WordPressでブログを始める為の準備

WordPress始め方の手順⑤:WordPressの初期設定をしよう

 

ここからは、WordPressでブログを始める為の準備をしていきましょう。ここでは、大きく5つに分けて解説をさせていただきます。

 

WordPressでブログを始める為の5つの準備について

①WordPressのテーマ(テンプレート)を選択

②WordPressの初期設定

③Googleアナリティクス、Googleサーチコンソールを導入

④プラグインをインストール

⑤各ASPに無料登録をする

 

STEP① WordPressのテーマ(テンプレート)を選択しよう

 

まずは、ブログデザインを施していく為にも、WordPressのテーマ(テンプレート)を選択する必要があります。

 

【WordPressテーマデフォルトの状態】

WordPressデフォルトのテーマスクショ

 

WordPressのテーマには、有料版or無料版が存在しますが、基本的に副業で稼ぐ目的でブログを始めるならば、有料版をオススメします。

 

Tenten

SEO対策が施されていたり、デザイン機能が優れていたりと有料版には、いろいろとメリットがあります。

『俺のブログ運営』でも有料版のテーマ(THE THOR)を利用しています。

 

おすすめの有料テーマ


  1. THE THOR
  2. AFFINGER
  3. DIVER

 

Tenten

いろんな有料テーマを使ってきた中で、SEO対策、収益化の面でもTHE THOR(ザ・トール)がオススメです。

当ブログで使用しているテーマです。THE THORの初期設定や細かい使い方などにも、『俺のブログ運営』で発信しているので、ご参考にすることもできます。

 

 

ちなみに、下記の記事では、THE THORの購入方法からダウンロードまでの流れを画像を使って解説をしていますのでご参考にしてください。

 

あわせて読みたい記事

こんにちは、テンテンです。   今回は、THE THOR(ザ・トール)の購入方法からダウンロードの方法について解説します。   ご覧の通り、当ブログは現在、THE THORを使ってブログ運営をして[…]

THE THOR(ザ・トール)の購入方法からダウンロードまでの流れを解説

 

STEP② WordPressの初期設定について

 

次に、WordPressの初期設定をしていく必要があります。

 

WordPressの初期設定方法については、下記の記事で細かく画像付きで解説をしていますのでご参考にしてください。

 

あわせて読みたい記事

こんにちは、テンテンです。   今回は、WordPressの初期設定について解説していきます。   Tenten WordPressでブログ運営を始める際に、ほとんどの人がぶつか[…]

WordPressの6つ初期設定について

 

STEP③ Googleアナリティクス、Googleサーチコンソールを導入

 

次のステップとして、Googleアナリティクスとサーチコンソールなどのアクセス解析ツールを導入する必要があります。

 

ブログを始める初期段階では、あまり使用する場面も少ないですが、ブログを育ていく為には、必須のツールです。

 

Googleアナリティクス導入目的

①単日、週間、月間などのアクセス数を把握

②どの記事がアクセスが集中しているか把握

③スマホorパソコンどちらから閲覧が多いのか把握

 

Tenten
その他にも、いろいろと細かくアクセス解析をすることができます。ほぼ、毎日確認をするツールと言っても過言ではありません。

 

Googleサーチコンソール導入の目的

①Google内での検索順位の把握

②どういった検索キーワードからアクセスが流れてくるのかの把握

③特定の検索キーワードごとに表示された回数やクリック回数などの把握

 

ブログの立ち上げ当初、使い方まで把握しなくてもOKなので、一旦設定だけはしておきましょう。

 

下記の記事では、有料テーマであるTHE THOR(ザ・トール)を使っている方向けに、Googleアナリティクスとサーチコンソールの設定方法について解説をしていますので、ご参考にしてみてください。

あわせて読みたい記事

こんにちは、テンテンです。   今回は、THE THOR(ザ・トール)で、GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールを設定する方法について解説します。   Tenten ブ[…]

 

STEP④プラグインをインストール

 

次に、WordPressにプラグインをインストールしていく必要があります。

 

プラグインって何

 

Tenten

簡単に説明をしておくと、WordPressを快適・便利に使っていく為の、「カスタムしたパーツ」のイメージです。

とは言っても、プラグインの入れ過ぎには注意が必要です。

 

下記の記事では、THE THORを使っている方向けに、必須のプラグインや不要なプラグインについてまとめていますのでご参考にしてください。

 

あわせて読みたい記事

こんにちは、テンテンです。   有料テーマであるTHE THOR(ザ・トール)で、オススメ・必須プラグインのご紹介と不要なプラグインについて解説させていただきます。   プラグイン一つとっても、か[…]

 

STEP⑤ 各ASPに無料登録をする

 

ブログを収益化させる為には、主に広告費で収益を上げていく必要があります。

 

ほとんどのブロガーの人たちは、自分の商品を持っておらず、クリック型の広告費や成功報酬型の広告で収益化を図っていく必要があります。

 

クリック型の広告:Googleアドセンスなど

成功報酬型の広告:A8net、afb、バリューコマースなどその他多数

 

詳しくは別の記事で書きますが、一旦はA8.netafbは、無料登録しておくと良いです。

 

さいごに

 

長い長い作業でしたが、本当にお疲れ様でした!

 

ここからは、記事の書き方を覚えたり、SEOの勉強をしたり、WordPressの使い方を覚えたりなど、色々と覚えることはたくさんありますが、一旦、WordPressでのブログ立ち上げは以上となります。

 

当ブログでは、『俺のブログ運営』をテーマを元にブログ運営をしていくにあたって学んだことなどを発信していますので、是非ご参考にしてみてください。

 

副業Lifeを楽しみながら地道に活動していきましょう。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

WordPressブログの始め方講座〜初心者も画像でわかる5つの手順で解説をします〜
最新情報をチェックしよう!