注目キーワード
  1. the thor
  2. WordPress
  3. Google
  4. プラグイン

ブログで使う画像を簡単にモザイクかける方法について〜Mac用フリーソフト「ToyViewer」〜

こんにちは、テンテンです。

 

今回は、ブログで使う画像を簡単にモザイクかける方法について解説します。

 

【モザイク参考例】

モザイク参考例のスクショ

 

上記は当ブログのトップページの一部ですが、簡単にモザイクをかけてみました。

 

特に解説系の記事を中心に書いている方などは、個人情報などを隠したい時もあるでしょう。そんな時に使う手法です。

 

現在、Macを使っている方向けの記事となりますのでご注意ください。

 

では、早速解説に進みます。

 

モザイク加工時間:10秒〜30秒ほど

 

Mac用フリーソフト「ToyViewer」で簡単にモザイク加工

toyViewerアプリのスクショ

ToyViewer

今回、Macで画像編集をする為のフリー(無料)ソフトが、ToyViewerです。

 

まずは、App Storeを開きダウンロードしましょう。無料アプリなのでご安心ください。

 

ダウンロードが完了したら、早速起動しましょう。

 

ToyViewerを起動し「ファイル」→「開く」に進みます。

ToyViewerの画像読み込みのスクショ

 

この際に、ToyViewerが起動しているかしっかり確認をしましょう。

 

確認方法は、上記画像の左上の赤枠で囲っている箇所(確認)を確認しましょう

 

そして、今回モザイクをかけたい画像を読み込みます。

 

②下記画像のように、モザイクをかけたい場所を指定します。

toyviewerのモザイクエリア指定のスクショ

 

③モザイクをかけたい場所を指定したら、「特殊効果」→「ノイズ・モザイク」に進みます。

特殊効果からモザイク・ノイズのスクショ

 

ちなみに、「シャープ化・ぼかし」もモザイクのように使うことができます。

 

慣れてきたら色々試してみましょう。

 

④モザイクの粗さを指定して「モザイク」をクリックします。

モザイク方法のスクショ

 

上記画像のように、「粗さ」でモザイクの粗さを指定することが可能です。

 

そして、「モザイク」をクリックすることで、上記画像のようにモザイクをかけることができます。

 

最後に、「ファイル」→「保存」で、忘れずに保存をしましょう。

 

モザイクなどの画像編集をやり直したい場合

 

モザイクの粗さが弱かったり、モザイクの場所を間違えてしまうこともあるでしょう。

 

そういった時は一度、初期状態に戻しましょう。

 

ここではその方法について解説します。

 

下記画像の状態で「×」をクリックしていただければ、一つ前の画像編集に戻ることができます。

画像編集初期化のスクショ

 

画像編集をやり直したい場合は、上記の方法をお試しください。

 

さいごに

 

いかがだったでしょうか?

 

アプリさえインストールしてしまえば、画像にモザイクをかけること自体はとても簡単です。

 

また、ToyViewerはモザイク以外においても様々な画像編集を行うことも可能です。慣れてきたら、いろいろと試してみると良いと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログで使う画像を簡単にモザイクかける方法について〜Mac用フリーソフト「ToyViewer」〜
最新情報をチェックしよう!