TentenのBlogに来て下さり、ありがとうございます!こちらのBlogでは、主に副業での収入アップ術や実体験に基づく投資の実績、フリーランスの生き方などについて発信しております^ ^

独立したけど今のビジネスを続けながらサラリーマン復帰!?〜ガチで3ヶ月間、再就職活動〜

  • 2019年8月2日
  • 2019年9月7日
  • 独立

2018年頃から副業を解禁する企業が増えてきています。

その中で、フッと気になることが2つほどありました。

 

それは以下の2つです。

 


①現在、自営業やフリーランスの人でも、現在の仕事を副業として続けながら、会社員として再就職ができるのか?
②企業は本当に副業OKもしくは推奨しているのか?

 

 

記事を書いている僕は、これらのことを検証する為に、約3ヶ月ほど転職活動を行いました。

 

この経験を元に今回調査したことをお伝えさせていただきます。

 

現在のビジネスを副業としながら、会社員復帰することができるのか!?

 

30代、40代に近づくにつれ、だんだん自分の人生の方向性について悩むこともあるでしょう。

 

Tenten
今のビジネスや事業でこの先もずっと稼ぎ続けられるかな…?

独立したまではよかったけど、孤独だし…今の仕事は副業にして、会社員に復帰したい!

副業サラリーマンは精神的にも経済的に安定するし、私はそっちを目指したい!

 

現在、フリーランスや自営業なんだけど…

 

今の仕事を副業にして、会社員として再就職できるのかという点についてお話していきます。

 

結論からお伝えすると、十分可能ですが、甘くはない!

 

自分の職歴と転職活動の結果について

 

まず僕の職歴を簡単にお伝えさせていただきます。

 

【Tentenの職歴】

大学卒業後→不動産会社の営業(約1年)→外食産業の店長兼エリアマネジャー(約3年半)→独立

 

見てわかるとおり、人に自慢できるよう経歴ではないです(笑)

 

約3ヶ月間転職活動をした結果、無事に内定をいただくことができました。
※内定はいただきましたが、辞退して今の事業を続けています。

 

副業OKな業界について

 

3ヶ月間、転職活動をしましたが、副業OKな会社はまだまだ少ないです。

 

大手企業を中心に副業解禁の流れはありますが、多くの中小企業ではまだ副業が禁止されているというのが現状です。

 

エージェントなども使い、副業OKな会社を紹介してほしいと探してもらったところ、紹介してくれたのは3社にも満たない状態…

 

エージェントによっては、現在あなたの希望に沿った企業はありませんと言われる始末…

 

少し話は脱線してしまいましたが、基本的に副業OKな企業が多い業界は、やはりIT業界が断トツです。

 

もちろん、IT業界以外も副業が認められている企業はありますが、それはその企業によります。

 

また、本当に副業がOKもしくは推奨されているのかという疑問についてですが、基本的には副業OKなようです。

 

当然、会社によってルールは変わってきますが、会社に対して副業の申請をする必要がある場合とそうでない場合があります。

 

事業内容が会社とブッキングしてしまうと副業は却下されることもあるようです。

 

副業OKな企業を見つける〜転職活動事例編〜


実際に転職活動を行った中で、副業OKな企業を見つけるポイントはいくつかあります。

 

複数の求人サイトに登録しよう

 

副業OKな会社を見つける場合、複数の求人サイトに登録するべきです。

 

副業OKな会社は少ないです。なので、複数の求人サイトから探していく必要があります。

 

実際に僕が登録した求人サイトは以下です。

 

 

登録するとたくさんのメールが来てしまうというデメリットはありますが、まずは複数の求人サイトには登録した方が良いです。

 

転職エージェントを利用するのも十分ありですが、当然副業OKという企業はそう多くはありません。

 

よって、自分で必死に探していく必要があると個人的には考えています。

 

中でも、Wantedlyは副業OKな会社を見つけやすく、かなり有効的に活用しました。

 

また、気になった企業には、ホームページから直接連絡を取ってみるなどもしていました(笑)

 

これは案外、効果的で面接まで到達できる確率が高いと個人的には実感しました。
※企業によります。

 

企業から見られるポイントと多かった質問について

 

複数面接を受けていく中で、企業から見られる共通のポイントがあったので、その点をお伝えします。

※大前提として、現在フリーランスもしくは自営業の方で、今の仕事を副業にする場合です。

 

POINT

①本業に支障をきたすことがないか?

②今までどんな事業をしてきて、どのような活躍ができるか?

③コミュニケーション能力に問題はないか?

 

どの企業も共通して、この3点は特に深掘りされます。

 

【面接官から多かった質問内容】

①現在の年商はいくらほどですか?

②現在、どんな事業をされていますか?

③なぜ、今更会社員に復帰されようと考えているのですか?

④今後、自分の目標はどのようなことですか?

 

この辺りはほぼ確実に面接官に聞かれますので、必ずちゃんと答えられるようにしておくと良いでしょう。

 

あくまでも個人的な意見としてですが、年商がある程度高い場合、その数字をそのまま伝えない方が良いです。

 

面接官によっては、それでは本業に集中できないとでしょ!と悪い印象を与えてしまうこともあります。

 

この点についてはしっかり配慮しておくと良いと良いです。

 

③なぜ、今更会社員に復帰されようと考えているのですか?

 

この質問に関しては、上記4つの質問の中で最も深掘りされる傾向が強いです。

 

どうしても面接官の印象としては、ネガティブなイメージを持たれやすいです。この点については、明確に答えられるように予め準備しておくと良いです。

 

独立後の会社員復帰は簡単にはいかない

 

1度独立してからの会社員復帰はそう簡単ではありません。

 

特に30代に突入している場合、企業も即戦力で活躍できる人材を求めます。

 

30代から再就職をするのであれば、予めこの点については深く理解しておく必要があります。

 

特に僕のように今までの職歴が決してキレイではない場合、相当苦戦するかもしれません。

 

転職エージェントによっては、現在あなたにご紹介できる企業はありませんと言われることもあります。

 

ただ、それでも諦めず積極的に転職活動を行っていくことが成功の秘訣です。

 

まとめ

 

①求人サイトは複数登録する

②転職エージェントからの紹介に期待するのではなく、自分の力で探していく

③Wantedlyは副業OKな企業が多い

④面接対策は事前にしっかり準備しておく

⑤諦めずに行動する

 

現在の事業を副業にまわして、会社員復帰したい場合、正直かなり苦労することも多いでしょう。

 

しかし、しっかり考えて行動に移していけば、必ず転職活動は成功します!諦めずチャレンジしていきましょう。

最新情報をチェックしよう!
>Tenten Blog

Tenten Blog